まち塾サロン2014・4月号「島根の大建築」開催!

皆で和気あいあい

 

サロン3月号につづきまして、サロン4月号を去る4月25日(金)の夕方、開催させていただきました。

今回のしゃべり手は、島根県庁職員の山本大輔さん。

このお方、島根県庁を中心に建ち並んでおります、県庁、県立図書館、武道館、県民会館、竹島資料館(旧県立博物館)等々、しまね大建築が大好きでおられます。実務的にもそれら建物の耐震改修工事に直接かかわられておられますから、つまり、それら建築の生まれた歴史から今に至るまでをもっともよく知る一人であることは間違いありません!

ということで、そんな山本氏から
・そんな県庁周辺大建築がなぜ魅力的なのか?
・そんな建築の魅力をどのように「守って」いくのか?
・そんな建築の魅力をたくさんの人にどうやって「伝えて」いくのか??

について、エピソード満載、写真満載で面白おかしくお話いただきました。

ホワイトボードホワイトボードに映し出された プロジェクターの映像。「大建築の聖地」とは、つまり県庁周辺のことでございます。

ここから、上記しましたような項目について、概ね小一時間をめどにお話いただく予定で話は始まりました。

当日 ご参加いただきましたみなさまは、始まった冒頭は10人程度だったのですが、始まって30分も経つと、総勢20名弱。建築に関わっておられる人もおられれば、商店の社長さん、会社員さん、公務員さん、学生さん、大学の先生など、これまた異業種交流会の様相!
あっというまに、会場は満杯。とてもにぎやかで、そしてあいもかわらず「ゆるやかで和気あいあいの」サロンとなりました。

終わっても和気あいあい
今回も和気あいあいのサロンです。

 

話は小一時間、始まって30分後にご来訪いただいたお客さんは、半分話が終わってる???
なんて、寂しいことが起こってしまったのか???
いや、さすが、大建築大好き山本さん!

最初のお題「そんな県庁周辺大建築がなぜ魅力的なのか?」で、すでに話が尽きません(笑)。
建物の経った背景から、そこに関わった人たちの熱意のすごさなどを、様々な裏話や今からみれば、びっくり仰天の豊富なエピソードなど満載にお話いただいておりまして、ひじょ~~~~~に面白い!!そして、興味深い!

楽しく話す山本氏
話が尽きない山本さんの図

・県庁の柱を造るときには、人柱になりかけた人がいる???!!!
・図書館と武道館の間の場所(現駐車場)は、幻の超高層県庁舎計画が設計されていた(しかも、ちょ~有名建築家が勝手に(^^))。←めったに見ることのできない図面も拝見できました。
・県立図書館の屋根の向きは、設計図ではまったく逆である(施工間違い??いえいえ、施行中に設計者がどたんばで変更したらしい)←当時の県庁職員も相当やきもきしたらしい。

などなど。まったく書ききれないほどの裏話でした(^^。

その後、耐震改修工事の設計を進めるにあたり、大建築の魅力を守るために、ご自身が関わられる前にすでに決まっていて、県知事まで報告されていた設計内容を、当初の設計主旨に反するからと、その設計内容を反故(!?)にして、もっといいプランに再設計して、当時の上司に再び県知事に報告に行ってもらうという「普通では考えられない荒業」(本当に当時の上司の方は素晴らしい方だと思いました)とか、魅力を多くの方に知ってもらうために、独自での小冊子の発刊や県庁ライトアップの実現など、

話が盛りだくさん!
終わってみれば、小二時間もお話いただいたのです。

大建築

山本さんが独自に定期的に発刊されている小冊子の表紙たち。これまで当たり前と思ってみていた風景が一変します!

ダウンロード(無料)できます。こちらから!!

 

ご参加いただいた方も、山本さんの面白語りに、完全に引き込まれた状態で、途中いろんな意見や質問などが今回もたくさん飛び交っておりました(^^
山本さんのお話後も、なごやかの雰囲気のまま、参加者みなさんのお話がもりあがって、あっというまの2時間半でした(^^

IMG_5070
話が終わったのちは、参加者同士でまた盛り上がっておりました。

終わった時には「ぜひ第二弾を!!」というお声があったり「現地ツアーを」という要望もあったり!はい!山本さんガイドによる 現地「大建築ツアー」もこれまで開催されておられますし、また企画も進めていければと思っていますので、また、ご注目くださいませ。

 

そんな、あいかわらずにぎやかで異業種交流なサロンでした。

さて、次回は5月末を予定しており、また、近くご案内させていただきます。どうぞご注目くださいませ~~

暴露します(^^;)
当日は、プロジェクターをつけ、照明をおとしてお話いただいておりましたので(あと、話が面白すぎて写真を撮るのを忘れていた(T-T)ので、冒頭の写真は話終了後に撮らせていただきました。
サロンの雰囲気には、間違いございません!(^^。どうぞご容赦くださいませ。

 

県立博物館
翌日の朝 旧県立博物館前を通った時に撮影した写真。あの黒い部分、実は風邪や光を取り入れるために大きく動くように造られているってご存知でしたか??(今は、さすがに動かないように止めつけてあるそうです)。話を聞いて改めてみると、また風景が一変しますよ。

 

お問い合わせ窓口

まちづくり活動についてのご依頼、ご相談、費用のお問い合わせなど、下記までお気軽にご連絡ください。

NPO法人まつえ・まちづくり塾 事務局
〒690-0061 島根県松江市白潟本町74番地
TEL: 0852-24-8023 (平日10:00~15:00)
FAX: 0852-24-8036
E-MAIL: mjuku.info@gmail.com


お問い合わせフォームもご利用いただけます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です