「松江まちブラリ」 ⑦ 北天神界隈

白潟天満宮のある天神町 大きく分けて 北天神・中天神・南天神と呼んでいます。 今回は松平不昧公に縁の深いお店を歩いてみます 写真は、昭和の初めの北天神界隈。現在の彩雲堂付近から北側を見たところです。 昭和30年代の写真 […]

「松江まちブラリ」 ⑥ (松江大橋北詰界隈)

松江開府以前(元禄年間)から白潟と共に商業の中心地として栄えた「末次・松江大橋北詰界隈」 そこには、元材木商を営み、明治に入り洋小間物・時計商を創業された「原田創美堂」さんがあります、 ここには、松江大橋と並び松江のシン […]

「まちを、歩こう。」 御礼とご報告

積もりましたね、雪! 凍結まではしませんでしたが、いよいよ松江にも冬将軍が到来した模様です。 これからしばらく、「寒い寒い」とつぶやきながら過ごす日々となりましょう。 寒さにめっぽう弱い私ですが、童心に帰って冬を楽しみた […]

「まちを、歩こう。」

皆さまこんにちは! 天気は良いけれど空気が冷たい、そんな季節となりましたね。 12月。。。師走。。。。。 ただでさえバタバタと過ぎていく毎日が、師走ともなると本当に早く感じてしまうのは私だけでしょうか。 そんなせわしない […]

出雲ビル×imagine.coffee 1日限りのカフェ時間

おかげさまで、一日中いい天気に恵まれ、 出雲ビル×imagine.coffee 1日限りのカフェ時間、 無事に終えることができました。 想像以上にたくさんの方にお越しいただき、嬉しい限りですm(__)m 出雲ビルのこと、 […]

不動産×まちづくり=空き家活用のシンポジウム

ご報告が遅くなりましたが 11/5(土) 「不動産×まちづくり=空き家活用のシンポジウム」が無事終了しました。 福岡県の津屋崎から来ていただいた 古橋範朗さんによる講演 『地域密着型不動産の可能性〜まちと人をつなぐ、暮ら […]

「松江まちブラリ」 ⑤ (新雑賀町界隈)

「新雑賀町」と云う町名が出来たのは、大正10年(1921)1月18日のことです。 江戸期の文久年間(1861)に それまで雑賀町に住んで居た足軽鉄砲衆が この地に移されたことから「新鉄砲町」になり、明治には「松江分新丁」 […]

事務局長通信2016年11月号

長い夏休みをいただいておりました事務局長通信。 神在月に復活!事務局長 建岡浩子です。 この間、助成金の申請書や定期のお役所提出資料やらと事務仕事を一生懸命こなしておりました。 まち塾事務局員の長島あゆみさん、村岡ちひろ […]

「松江まちブラリ」 ④ (塩見縄手界隈)

松江城の北にある「塩見縄手界隈」 城下町では、縄のように一筋に伸びた道を縄手と言います。 この場所から城が見えることから、かつては「城見縄手」と呼ばれ中級武士の屋敷が並んでいました。 ここに住んでいた塩見小兵衛と云う武士 […]

うみつちひとそら

朝晩の冷え込みがだんだんと厳しくなり、我が家のリビングから見える大銀杏の葉も少しずつ色づいてきました。 山々の紅葉に癒されると同時に、体調を崩しやすい季節でもありますね。 皆さまお風邪など召されませんよう、お気を付けくだ […]

結いとうろ、まち歩きのしらべ

まちづくりのプロでもなければ建築士でもない私が、こんなにも建物や街並みに心惹かれるようになったのは、いつからだろう。 子供の頃や若い頃には何とも思っていなかったのに、自分の住む街の素晴らしさや景色が変わっていくさまを、深 […]

「松江まちブラリ」③(伊勢宮・御手船場界隈)

伊勢宮と云う名前が出てくる記録は、寛永の時代(江戸期1600年代) 松江藩主 松平直政が “ 伊勢宮 “ と云う神社を この地に造った時からです。 近くには “ 売布神社 “ があり、松花橋を渡ってお参りしていたようです […]

結いとうろ関連イベントのご案内

皆さまこんばんは! 秋の長雨で、街はしとしと。 ザーザー降りの雨は苦手ですが、秋のしとしと雨は松江の街並みにピッタリで、何だか情緒すら感じるのは私だけでしょうか。 まち塾のある白潟本町を歩くと、更にそれを実感します^^ […]

新シリーズ「松江まちブラリ」②(大橋川界隈)

「松江まちブラリ」(大橋川界隈) 大橋川界隈と言えば 柳並木 これは、昭和6年の末次本町ほか6町の大火の後の復興計画で 当時 流行っていた流行歌「銀座の柳」をヒントに植えられたそうです。 次に「トラヤビル」 1932年( […]

「ヘルンまちぶらマップ」づくり

今回 第13回「ヘルンさん子ども塾」で、まちぶらマップづくりの特別講師をさせていただきました。 松江市観光文化課主催、塾長の小泉凡先生はじめ10名の実行委員会の方々と行いました。 子どもの参加者は10名 3回の講座では、 […]